当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

リカバリーサンダルは疲れるだけで効果がない?正しい使い方と原因を解説!

数年前から話題のリカバリーサンダル。通常のサンダルより足の疲れを和らげることが出来ると言われていますが、「逆に履いたら疲れた」という、声も聞こえてきます。
そこで、今回はリカバリーサンダルの効果や、履いたら疲れた!という人のために正しい使い方と何故疲れたのかという原因を探っていきたいと思います!

リカバリーサンダルとは?

リカバリーサンダルとは、運動後や長時間歩いた後の足の疲れを和らげるために設計されたサンダルのことを言います。
高いクッション性とアーチサポートが主な特徴で、柔らかい素材や厚いソールを使用して足の負担を軽減し、足のアーチを支えるデザインになっているため、足の疲労や痛みを和らげる効果があります。
また、通気性の良い素材やデザインが採用されており、足を快適に保つことができます。
リカバリーサンダルは、特にランニングやスポーツを楽しむ人々の間で人気がありますが、誰でも日常的に使用することで足の健康をサポートできるので、最近ではおしゃれなデザインも増え、スポーツをする人だけではなく日常使いに使用する人が増えています。
また、軽量な素材を使用しているため、持ち運びしやすく、履き心地も良いのも人気の一つです。

リカバリーサンダルの効果

リカバリーサンダルを履くことで、このような効果が期待できると言われています。

■足の疲労回復
リカバリーサンダルは高いクッション性を持つ素材で作られており、運動後や長時間の活動後に足の負担を軽減し、疲労を和らげることができます。

■足の痛みの軽減
足のアーチをしっかりとサポートするデザインになっているため、足底筋膜炎やその他の足の痛みを軽減するのに役立ちます。アーチサポートがあることで、足のバランスが整い、痛みが緩和されます。

■血行促進
クッション性のある素材と適切なサポートにより、足の血行が良くなります。血行が促進されることで、疲労物質が効果的に排出され、足の回復が早まります。

■快適な履き心地
通気性の良い素材やデザインが採用されているため、足を快適に保ち、蒸れを防ぐことができます。これにより、長時間履いても快適な状態が続きます。

■リラックス効果
リカバリーサンダルは、足にかかる負担を軽減し、快適な履き心地を提供するため、リラックス効果があります。家でのリラックスタイムや休憩時間に履くことで、心身のリフレッシュが期待できます。

■予防効果
定期的にリカバリーサンダルを使用することで、足の健康を維持し、怪我や痛みの予防にもつながります。

「Amazon」でリカバリーサンダルを確認する>>

リカバリーサンダルを履いたら逆に疲れた?その原因とは?!

リカバリーサンダルをインターネットなどで検索すると、「疲れが全然軽減されない」「逆に疲れて使うのをやめた」などという声を見かけることがありますが、原因はなんでしょうか。
リカバリーサンダルを履いても足が疲れる、または疲れが取れない場合は、誤った使い方や履き方をしている可能性があります。
※改善しても疲れが取れないようならリカバリーサンダルとの相性が悪いのかもしれません。使用をやめてみましょう。

【運動中の使用】
リカバリーサンダルは運動後の回復を目的としており、運動中のサポートには向いていません。運動中に履くと足を適切にサポートできず、怪我の原因となることがあります。

【履きなれていない素材の違和感】
リカバリーサンダルはクッション性が高く足をつつみこむようなものが多いため、通常のサンダルの履き心地と大きく異なります。そのため足が違和感を覚え疲れると感じることがあります。

【長時間の立ち仕事での使用】
リカバリーサンダルはリラックス目的で設計されているため、長時間の立ち仕事には本来適していません。足のサポートが不足し、逆に足の疲れを悪化させることがあります。

【不適切な環境での使用】
山道や不整地、濡れた場所などでの使用は避けましょう。サンダルのグリップ力やサポートが不十分で、変な場所に力が入り疲れたり、滑りやすくなる可能性があります。

【サイズが合っていない】
自分の足に合わないサイズのサンダルを履くと、足の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。特に小さすぎるサンダルは足の血行を妨げ、大きすぎるサンダルは足が滑りやすくなります。

【調整しない】
ストラップやベルトがある場合は、適切に調整してフィット感を確保しましょう。調整を怠ると、サンダルが足から外れやすくなり、怪我の原因になります。

【足の形状にあっていない】
足の形状やアーチの高さに合わないサンダルは、足の疲労や痛みの原因になります。

【使い過ぎてソールがすり減っている】
リカバリーサンダルは素材の特性上、摩耗しやすくや耐久性が低いため履いてる頻度が多いほどソール部分が減っていきます。重心のかけ方などで、偏ったすり減り方のソールをずっと履いていると疲れやすくなります。

【足の健康状態】
既存の足の問題(例えば、足底筋膜炎やアーチの問題)がある場合、リカバリーサンダルが必ずしも適切でないことがあります。

「Amazon」でリカバリーサンダルを確認する>>

リカバリーサンダルの正しい使い方/履き方

リカバリーサンダルを正しく使用することで、足の疲労回復を促進し、快適な履き心地を実感できます。

■使い方

  • 運動後の使用: ランニングやスポーツをした後、足の疲労を和らげるために履くと効果的です。
  • 長時間歩いた後の使用: 旅行やショッピングなどで長時間歩いた後に使用すると、足の負担を軽減できます。
  • リラックスタイムの使用: 家でリラックスする際や、休憩時間に履くことで、足の疲労を軽減し、リフレッシュできます。

■履き方

  • サイズ選び: 自分の足に合ったサイズを選ぶことが大切です。足の指がサンダルの前後からはみ出さないように注意しましょう。
  • 調整可能なデザインを選ぶ: ストラップやベルトで調整できるタイプのサンダルを選ぶと、フィット感を調整しやすくなります。
  • 短時間から始める: 初めて履く場合は、短時間から使用を始め、徐々に履く時間を延ばしていくと、足が慣れやすくなります。
  • 清潔に保つ: サンダルを定期的に洗浄し、清潔に保つことで、足の健康を維持できます。

「Amazon」でリカバリーサンダルを確認する>>

さいごに

いかがでしたか?
リカバリーサンダルを履いて疲れてしまう人は、正しい使い方が出来ていたでしょうか。
本来は、足の疲れを軽減させてくれるアイテムですので、スポーツの後や長時間の立ち仕事の後になど使用して欲しい一品です!
正しい使い方をして、自分の体(足)をいたわってあげましょう!

では!

記事に関するご意見ご感想、お待ちしています >>

-健康, 健康・ダイエット