当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【繊細すぎて生きづらい…!】女性のHSPの特徴とは-どんな人がなりやすい?セルフ診断や恋愛傾向を解説!

世界中の人口の約15%から20%に存在するとされている「HSP」。
今回はその半数にあたるHSPの女性の特徴や性格、接し方などについて話していきたいと思います。

HSPとは?

HSPは「Highly Sensitive Person(高感受性の人)」の略称で、非常に感受性が強く繊細で敏感な気質もった人のことを指します。
感情や刺激に対して他の人よりも強く反応しやすい性格で、深く思考し、感じることができるという特徴を持っています。
環境や状況の変化はもちろん、自分以外の他人の感情に非常に敏感です。

どのような人がHSPになりやすいか?

HSPになりやすい人には、いくつかの特徴や要因が関係しています。以下は、HSPになりやすいと考えられる人々の特徴です。

■遺伝的要因
HSPは遺伝的な要因によって説明されることがあります。家族の中にHSPの人がいた場合、その人の子孫もHSPになる確率は約50%と言われています。

■神経生理学的な違い
HSPの人は、脳の神経系の活動において他の人と比較して異なる反応を示すことがあります。たとえば、外部刺激に対する神経の反応がより強くなることがあります。

■環境の影響
HSPは環境の影響を受けやすい傾向があります。過度な刺激やストレスが繰り返し経験される環境に育った人は、HSPになりやすいと考えられています。

■感受性の高さ
HSPは感受性が高く、繊細な性格を持っています。そのため、感情や刺激に対してより強く反応しやすい人がHSPになりやすいと言えます。

■人格特性
内向的であることや、直感的であること、観察力が高いことなど、特定の人格特性がHSPになりやすい傾向があるとされています。

※これらの要因は相互に関連し合いHSPになる可能性を影響しますが、HSPであるかどうかは個人によって異なります。

HSPの女性の特徴は?

HSPの男女比は50:50で、国や人種、年齢には左右されないと言われています。
性別関係なく存在するHSPですが、HSPの女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

■心の機微を捉えることに優れている
感情に敏感であり、他の人の感情や環境の変化にすぐ気づきます。
また、彼女たちは自分の心の奥の感情もとても大切にします。

■繊細さと気配り
周囲の人々や環境の微妙な変化に敏感であり、それに対して気配りができます。
彼女たちは相手が今何を思い、どうして欲しいかを理解する力が他の人より優れています。

■洞察力と直感
深い洞察力と直感を持っています。彼女たちは状況や人々の本質を素早く理解し、その洞察を活かして行動します。「察する力」がとても強いです。

■ストレスへの敏感さ
繊細でストレスを受けやすく、身体や精神に影響を受けることがあります。

■創造性と芸術性
創造性や芸術性に富んでいることがよくあります。感情を表現するために芸術や創作活動を通じて自己表現をするタイプが多いと言われています。

HSP女性の恋愛傾向とは?

HSPの女性は恋愛に対して一途で、献身的である一方、依存度が高く恋愛がすべてとなり自分やパートナーの感情に振り回されることも多いと言われています。

■愛情深い
感受性が高く、深い感情を持つ傾向があるため、恋愛においてもパートナーとの深いつながりを求め、愛情や情熱を強く表現することがあります。
その愛情深さ故に、パートナーに依存し過ぎてしまう人も多いと言われています。

■気配り上手
繊細であり、パートナーの感情や要求を敏感に察知します。彼女たちはパートナーの気持ちを大切にし、思いやりを持って接することができます。
しかし、尽くしすぎるとやってもらって当然と思ってパートナーが甘えすぎてしまうことも…。

■親密さと信頼
親密な関係を重視し、パートナーとの信頼関係を築くことがとても重要だと考えています。そのため、パートナーに対して真剣に向き合い、心を開いてコミュニケーションを図ろうとします。

■感情の共有
パートナーと共有する体験や感動的な瞬間に強く反応することがあります。彼女たちは感動や喜びを共有し、パートナーとの絆を深めることが何より大切だと考えます。

■繊細でストレスを溜めやすい
ストレスに敏感であり、恋愛関係においてもストレスが影響を与えることがあります。彼女たちはパートナーとの関係が安定していることや、安心感を得ることが重要です。
逆に二人の感情の間に些細な相違が出来ると、瞬時に見抜き、感情的になったり、急に取り乱したりする場合もあります。

家族・友人・恋人など自分の周りにHSPの人がいたらどのように接すれば良いか?

HSPの人と接する際には、彼らの感受性や気持ちを理解し、配慮することが大切です。
彼らの独自の特性やニーズを理解し、尊重することで、より良い関係を築くことができます。

感情を尊重する

HSPの人が感情的になったり、ストレスを感じているときは、彼らの感情を尊重し、受け入れることが大切です。
彼らが話に耳を傾け、肯定をしながら落ち着いてもらいましょう。

刺激を調節する

HSPの人は環境の刺激に敏感な場合があるため、過度な騒音や刺激的な状況を避けるよう配慮しましょう。
人混みを避けたり、ゆったりとした静かなカフェなどでの会話にすると良いでしょう。

柔軟性を持つ

HSPの人が急な予定変更や新しい環境に適応するのが難しい場合があります。そのため、柔軟に彼らのペースやニーズに合わせることが重要です。

コミュニケーションを大切にする

オープンで率直なコミュニケーションを持つことが重要です。彼らの感情を理解し、適切に対応するために良好なコミュニケーションが築きましょう。

自己ケアを促す

繊細で敏感なあまり、他人の感情を受け取りすぎてがストレスを感じてしまう場合があるので、自己ケアやリラックスする時間を取るよう促しましょう。
彼らが自分自身を大切にすることが重要です。

HSPのセルフチェック

HSPであるかどうかを自己チェックするためのいくつかの質問があります。
これらの質問に「はい」の回答が多い場合、あなたはHSPの特性を持っている可能性があります。
※可能性が高いだけで「確定」ではありません

  1. 新しい環境や変化に対して、まわりより敏感だと思うことがある
  2. 騒音や明るい光、強い匂いなどの刺激が苦手
  3. 他人の感情や雰囲気に簡単に影響されると思う
  4. タイムリミットやプレッシャーに敏感で、ストレスを感じやすい
  5. 細かなニュアンスや変化に気づき、それに敏感に反応することがある
  6. 長時間にわたる社交的なシチュエーションや大人数の集まりは耐えられない
  7. 芸術や自然など、美的なものに深く感動することよくある
  8. 直感や洞察力が鋭く、他人の感情や状況を素早く理解できる
  9. ストレスや刺激を受けたとき、感情が強く揺れ動くことがある
  10. ルーティンや規則性、整理整頓は得意

さいごに

他人の気持ちを汲み取り、相手に寄り添うことが出来るHSP。
ただし、繊細で敏感なその心はいつも気を張って疲れてしまうことも。
「生きづらさ」を感じることもあるかもしれませんが、自分にとって何が対処法かを知り、疲れすぎない心を育てていきましょう

では

-占い・診断